重要文化財千葉家住宅第1期保存補修工事
岩手県遠野市にある重要文化財千葉家住宅は天保年間(1830-1844)に飢饉で困窮した人々の救済のため、約10年の歳月をかけて普請したと伝わる茅葺屋根の南部曲がり屋です。

工事期間 平成28年6月20日~平成32年1月8日
工事概要
      仮設工事、建物調査、建物解体保存工事

工事の進捗状況 (始動式~はせ小屋)
 はせ小屋 江戸末期に築造された。
        構造及び形式 木造平屋造、寄棟造、茅葺
        延べ床面積 26坪(88.01㎡)


始動式市長

はせ小屋

はせ小屋詳細

かやを現す。

かや撤去後

かや調査

柱、貫